RSS | ATOM | SEARCH
お陰様で10年になりました。
今日は、結婚記念日。何と、10周年です。

こうして結婚記念日を迎えられるのは、奥さんの理解や、明るい子供達のお陰ですね。


振り返ってみると、あっと言う間の10年でしたが、その間に引越しなど、様々な事がありました。



やっぱり

一緒にいる人の理解

とても大切ですよね。


僕の場合は、理解力のある人(奥さん)と一緒に暮らしているお陰で今まで一緒いてもらえます。


さて、相手に理解をしてもらうには、自分が先に相手の事を理解する事で理解し合える関係になりますよね



当たり前の事ですが、僕の場合は出来てい無い事が多く、相手(奥さん)に随分と甘えています。汗

これを読んで頂いているあなたは、周りの方の事をどこまで理解できていますか?




さて、結婚10周年と言う事で、

ダイヤモンドは買えませんでしたが、一緒に財布を買いました。


土屋鞄製造所

使い込む程に味の出てくる革製品。

いつ迄も輝き続ける宝石ではなく、使って行く中で傷が着いたり、柔らかくなって行く革製品をあえて選びました。

使い込む程に、使い手に馴染んでいく革製品のように、

僕達夫婦も相手に馴染んでいくような関係でありたい

そう思って革製の財布にしました。


更に10年後には、どんな味のある夫婦になっているのか?

楽しみながら、一日一日を一緒に歩んでいきます。

  ◆コーチングのお問い合わせはこちらから、お気軽にどうぞ◆
 
author:田中康博, category:コーチングよもやま話, 06:20
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。